カテゴリ:思い出( 6 )
2月21日 水曜日 牡蠣オフ会と帰路(2月12日~13日)
兵庫県室津で開催された“牡蠣オフ会”行ってきました!
といっても写真がないのです。。
飼い主・・おいしい牡蠣、ホタテ、お肉等々を食べるに忙しくブランと陽向は蚊帳の外状態・・
でも、まっいいか!飼い主が大満足できたし。

僕らもなんか欲しいな・・。
d0069428_9585448.jpg

クリン母さんおいしいお肉をくれてありがとう!byブラン&陽向
d0069428_9574931.jpg


名古屋のAさん・・。初めて陽向に会ってもらいました。
彼女とは石川家でノールが生まれたときからの付き合いで
北海道の王国にもよく2人で行きました。
d0069428_9591138.jpg

d0069428_9592478.jpg

蘭ちゃんとブラン・・蘭ちゃんはブランにとって祖母の姉になります。
ブランはアレフの代わりでここに収まりました。
蘭ちゃん・・いつまでも今のままで元気に綺麗でいてね。
d0069428_9593458.jpg

たくさんのサモエドと飼い主さん、また皆さんとご一緒できる日を楽しみにしています。
アレフを入院させてのオフ会でしたが参加できて本当によかったです。

オフ会の余韻を残したまま淡路島のペンションへ帰着。
d0069428_10102791.jpg

d0069428_10104069.jpg

d0069428_10105359.jpg

d0069428_1011649.jpg

d0069428_10112881.jpg

d0069428_10114032.jpg

d0069428_1011545.jpg

d0069428_10121257.jpg

楽しかった2泊3日の旅行・・ブランと陽向には初めての経験をさせてあげられました。
ご一緒していただいたNさん夫妻、K君のご両親様、ありがとうございました。
アレフの入院というアクシデントもありましたがとっても楽しく
有意義な時間を過ごすことができました。
みなさん、これからもよろしくお願いしますね。
by samolab4 | 2007-02-21 10:16 | 思い出 | Comments(4)
1月16日 火曜日 残るもの
昨年はサモエドの訃報を聞くことが多かった・・。
そして今年になっても。
今さらですが・・ウチには13歳・12歳・3歳・10ヶ月という4頭の犬達がいます。
そして、この子(犬)達とできるだけたくさんの思い出を作っておきたい。

昨年9月頃にある方から愛犬の毛で毛糸をと依頼されていたのだが
他の依頼品があり出来上がって送ったのが年末になってしまった。
私が送ったときにはもう、その方の愛犬は虹の橋を渡っていた。
でも、存命中にその子が残した毛は『糸』になり『マフラー』になりました。

『10月頃から急に具合が悪くなってしまい、
できる限りの事はしたつもりですが、残念ながら良くなってくれませんでした・・・
マフラーは本当にきれいにかわいく出来上がっていてうれしかったです。
ありがとうございました。
本当にお願いしてよかったと思っています。
一生、ぷりんの思い出として大事にしていきます。』
(原文のまま)

d0069428_21243910.jpg


いただいたお礼のメールの一部です。
私の紡いだ毛糸が亡くなってしまった愛犬との思い出の1つに
なるならば嬉しいことです。

だから私もウチの子(犬)たちの毛をせっせと溜めてます。
by samolab4 | 2007-01-16 21:39 | 思い出 | Comments(6)
1月6日 土曜日 あの日から一年・・
今日はノールの一周忌です。。
一年前の早朝、静かにノールは逝きました・・。

1996年3月19日北海道中標津の石川家で誕生し5月10日に我が家にやってきたノール・・
その日から9年9ヶ月と18日・・・たくさんの思い出と6頭の娘を残してノールは逝きました。

d0069428_040253.jpg


6歳で糖尿病になりそれからはアレフとカーラに寄り添って生活していました。
私はノールが逝く時には『私の腕の中で逝かせてあげたい。』と思い
ノールのケージの前に布団をひき寝食を共に・・の生活をしていたのに・・・
たった一人で逝かせてしまいました。。
そのことが後悔として私の心の中にずっとあったのです。
でも一年たった今日こうしてここに書いたことで
つかえていたものが取れたような気がします。

NORD、仏語で“北”という意味です。。
北海道から来た子はサモエドの故郷である北の地シベリアに帰ったのかも知れません。

我が家にはALEPH・CHARA・BLANC・HINAの他にもう1頭NORDが
いたことを覚えていてくださったら嬉しいです。

d0069428_1704146.jpg

d0069428_1705341.jpg

孫であるブランを迎えた頃・・優しく厳しいお婆ちゃん。
d0069428_171669.jpg

d0069428_171199.jpg

d0069428_1754043.jpg

2003年9月北海道まで連れて行った・・
父(マロ)、弟(カザフ)、娘(アラル)、孫(オビ、レヴン)にも会えました。
by samolab4 | 2007-01-06 00:43 | 思い出 | Comments(13)
12月31日 日曜日 この一年・・・
大晦日。
今年もあと数時間で終わります。

この一年は我が家にとって大きな出来事から始まった一年でした・・。
2006年何事もなく無事に新年を迎えたと思った矢先・・

1月6日早朝にノールが逝った。
そしてノールの置き土産のような陽向が2月に生まれ私の元に来た。

6月9日にはアレフの腫瘍摘出の手術・・。
高齢のためにずいぶん心配したが元気になって戻って来られた。

9月21日、ノールの弟でオビ、ブラン、陽向の父親カザフが突然逝ってしまった。

12月21日にはアレフ満13歳の誕生日を迎え
24日に若サモの飼い主さんと一緒にお祝いもしてあげられた。

悲しいことが多かった一年でしたが
居なくなってしまったノールの指定席には今は陽向がいる。
去年の暮れと同じように4頭がいる。
ノールと陽向(祖母と孫)の違いはあるけれど・・・・

悲しいことばかりではありません。。
今年もたくさんの方達と知り合うことができいろいろな経験をさせていただきました。
アレフをはじめカーラもブランも陽向も皆さんに可愛がって頂きありがとうございました。

来年も犬達ともどもよろしくお願いいたします。

d0069428_17574817.jpg

変わりばえのしない写真ですが4頭元気です!

あっ・・ウチの人間は一年間元気におわりました・・。
by samolab4 | 2006-12-31 17:59 | 思い出 | Comments(5)
9月26日 火曜日 辛いけどお別れします。
王国石川家のサモエド『カザフ』が急逝してから5日がたった今日・・
私は『カザフ』を両親(マロ・ウラル)、姉(ノール)のもとへ送ります。。
5日たってようやく『カザフ』が逝ってしまったことを事実として受け入れることにしました。
ただ、『カザフ』への思いは下手な文章にすることはできません。
私のなかの私だけの思い出としておきたい・・・
d0069428_2052184.jpg

d0069428_205326.jpg

d0069428_2054271.jpg

6ケ月の時、札幌のイベントに参加した『カザフ』
私はお世話係でお手伝いに行きました。
d0069428_2055960.jpg

d0069428_2061465.jpg
d0069428_2062547.jpg

d0069428_2063751.jpg

石川家に行くたびにムクムク大きくなっていたね・・・

今これを書きながらも涙がでます。

さようなら・・カザフ
キミの残したブランと陽向はみなさんに
可愛がってもらえるような良い子に育てるからね。
無事に父さん、母さん、姉さんの所に行くんだよ。。  合掌

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
d0069428_20245522.jpg

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
(ここの写真は持っていかないでください。お願いします)
by samolab4 | 2006-09-26 20:31 | 思い出
8月9日 水曜日 詩(うた)
死ぬのが怖いから
素敵な詩です。。ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんね

私もウチの4頭にはたくさんの幸せをもらっています。
今いる4頭以外に私の心の中に忘れられない犬がもう1頭います・・
1996年3月19日生まれのサモエド、呼び名は“ノール”
北海道中標津の王国石川家から来た女の子でした。
糖尿病になってから4年、アレフとカーラに寄り添い常に一生懸命に
生きていました。
ですが、今年の1月6日早朝・・いつもの寝姿のまま旅立っていました。。
ノールが病を持ってからは『息を引き取る時には私の腕の中で逝かせたい・・』
と決めていた私には夜中に一人で逝かせてしまったことが
残念で悔しくて仕方ありません。

そして今、ノールの孫であるブランと陽向が元気に生活しています。。
ノールの父マロが逝ってから明日で2年。
マロ、ノール・・あなた達の残してくれた曾孫(孫)は2頭とも元気です。。
d0069428_22411187.jpg

1999年5月14日6頭出産・・
d0069428_22413115.jpg

d0069428_22152044.jpg


d0069428_22155791.jpg

d0069428_22173674.jpg

ブランが我が家に来た時は優しいお婆ちゃんでした。
by samolab4 | 2006-08-09 18:33 | 思い出 | Comments(6)