カテゴリ:王国( 7 )
6月2日 土曜日 天へ・・
昨晩11時15分、百友坊で生活していたアラル(サモエド・♀8歳)が
静かに息を引き取りました。
アラルは昨年天に帰った我が家の愛犬ノールの娘です。

アレフが逝ってからちょうど3週間後に駆け足で後を追いかけて行ってしまった。
淋しい・・悲しい・・辛い・・
今はマロ・カザフ・ノール・アレフそしてベルクに迎えてもらっているだろうか・・?

ノールの子“アラル”

また当分ブログの更新は出来ないかもしれないな・・・
あまりにも辛いことが起きすぎる。
by samolab4 | 2007-06-02 21:27 | 王国 | Comments(3)
4月13日 金曜日 ノールの子“アラル”
百友坊にいるサモエドのアラルは私の愛犬ノールの子です。
ノールは4年間の闘病後10歳を目の前にして私の元から旅立ちました。

そして今、ノールの子アラルが病と闘っています。
私には病気について詳しいことは分かりません。
でもアラルにはまだオビ、ブラン、陽向の成長をみとどけて欲しいと願っています。
そしていずれ天寿を全うした時に母(ノール)、祖父(マロ)、旦那(カザフ)に
立派になった孫子(まごこ)の報告をしてもらいたい。。と・・

だから頑張って・・。アラル・・

d0069428_21385838.jpg

d0069428_2139139.jpg

この写真は家に連れて来てシャンプーしてあげた時のものです。
by samolab4 | 2007-04-13 21:24 | 王国 | Comments(19)
3月7日 水曜日 ドッグラン
カーラとブランと陽向、今日は王国ドッグランで仕事をして来ました。
担当のA君が帰省中なので私が代役で・・と言ってもただそこに居ただけですけどね。

相変わらずエニセイは陽向にきびしいかったですけど
陽向にはそれがよかったようで・・
d0069428_211496.jpg

d0069428_21142271.jpg



走り回る楽しさも覚えました。
先日の牡蠣オフのときに宿泊した淡路島のペンションで
クリンちゃんと遊べたことが良かったのかもしれません。



そして仲間のエニセイだけでなくお客様のアラン君(コーギー)とも
誘い合って遊べるようになりました。

日頃のブランをご存知の方には珍しい動画をお見せします。


ブランも走れます。私にとってもブランの新鮮な動きでした。。

カーラは百友坊のMさんに爪切りをしていただきました。
Mさん、ありがとうございました。
d0069428_21263340.jpg


d0069428_21282370.jpg

最近のベルクは円形広場に続く道に寝ていることが多くなりました。
大きな病を抱えているベルク・・もうすぐ春が来るよ。
by samolab4 | 2007-03-07 21:11 | 王国 | Comments(6)
11月4日 土曜日 楓(かえで)
忙しく更新もままならないMyBlogですが
今日は皆さまにお知らせがあります。。
私のところに石川県より1頭のサモエド(♀)が来ました・・。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが・・
そうです・・。“フェリーチェ”です。
辛い過去のあった子ですが今日から“楓(かえで)”として再出発します。
d0069428_1918623.jpg

d0069428_1919224.jpg

d0069428_19191972.jpg

d0069428_19195656.jpg

d0069428_19201778.jpg

10歳とは思えないほど可愛いくてやることも幼い子犬のような子です。
これから暫くは百友坊で先輩犬達にいろいろなことを教えてもらっての生活です・・。
今はオビ柵の中でオビ、ダーチャと一緒にいますので
百友坊で見かけたら『楓』と声をかけてあげてくださいね。。

明日はアレフを連れて行って対面させて見ます。
おとなしくしてアレフの認可をもらえるといいね・・。

陽向は初めての発情をむかえまた一歩大人になりました。
やんちゃぶりは以前のままですけどね。
by samolab4 | 2006-11-04 19:40 | 王国 | Comments(20)
10月24日 火曜日 異種
日曜日22日は『カザフを偲んで・・』と銘打ってオフ会が開かれました。
たくさんのサモエド達がプチに集合して楽しい時間を過ごしました・・。
残念ながらその様子は写真が撮ってありませんのでお見せすることができません。

21日の百友坊ではオビと猫のクリップがとても仲良く遊んでいました。
犬と猫でもこんなに素敵な関係になれるんですから
人間同士だったらもっと仲良くなれるはず・・・なんて考えてしまいました。
別に深い意味はありません。
d0069428_072525.jpg

右後ろに寝ているのは陽向です・・そしてちょこっと見える耳はブランの耳・・。
d0069428_082253.jpg

オビ「ねえ・・何食べてるの?ウマイ??」
クリップ「・・・何言ってるの?・・食べ物じゃないよ。」

しばらくブログの更新ができないかも知れませんが時々は覗いて見てください。
皆さんが楽しみにして下さってますので頑張って作りますね。。
クリスマスまでにお届けできるように・・
by samolab4 | 2006-10-25 00:28 | 王国 | Comments(15)
10月2日 月曜日 愛情の絆
9月30日のこと・・
百友坊にいると時々心に焼きつくような光景を目にすることがあります。
犬と人の絆ってすごいな。。
こんな素晴らしい心の通い合いもあるのだ・・ということを実感をさせてくれる。
d0069428_20584275.jpg

障害を持って生まれた“サモエドのコボ”を見つめる石川さんの眼差しは
優しくわが子に向ける愛に満ちているように見えました。。
このまま○治生○のコマーシャルに使えそう・・と思ったほど素敵でした。
♪あなたに会えて・・本当によかった・・・♪『言葉にできない』

d0069428_21181685.jpg

時期のはずれた紫陽花。
きれいだよ・・

d0069428_2119545.jpg

ウチの兄妹。
いつもの場所でゆったり・・

d0069428_21225248.jpg

カザフへのお花といっしょにカザフの犬舎にいるベルク。
まだまだ元気で嬉しいよ。

d0069428_212367.jpg

柴犬の吉(よし)。
殿である“よし”は寝ている時も脇差しは離しません。

人と犬って愛情の一方通行はありません。
飼い主が注いだ愛情の分だけ犬達からも還ってくる。
私はそう思います・・

10月1日のこと
夕方の大散歩。結構の雨が降っていましたが
グッドライフの犬達と一緒に馬の丘まで行ってきました。
d0069428_21553442.jpg

楽しかったね。。ブランと陽向も連れて行ったのですが・・・
帰りにリードを外されると陽向は馬場のなかに入って行っちゃった。
お仲間はコリーのトンボと黒柴のゆず、それとラッキーも一緒でした!
陽向には私に叱られることよりも目の前にある
おもしろそうなことに惹かれたみたいです。
d0069428_21555155.jpg

その間ブランは心配気に陽向の帰りを待っていました。って書くと
よい兄貴みたいに見えますが前にいる方に寄り添っているだけでした。
(たぶんオヤツねらいですね)

喧嘩もなく仲間はずれもしない
やっぱり犬って素晴らしい生き物です。
by samolab4 | 2006-10-02 21:39 | 王国 | Comments(6)
9月21日 木曜日 息子・・・弟・・・父
今朝、何気なく朝日を撮った・・・太陽の光は平等に降り注ぐ。
今日もいつもとおなじように良い一日になるはずでした・・・
d0069428_20205167.jpg

8時24分、26分と続けて携帯に電話が入っていた。
26分の電話の時には留守電のメッセージもあった。
かけてくださったのは石川さん・・・
メッセージを聞く前にいやな予感がした。
でも・・聞かなくては・・「カザフが死にました。苦しんだ様子はありません・・・・・・・」
そこで私の頭は止まった。。

しばらくして、どうしよう・・何をしよう・・何も考えられなかった。
『とりあえずカザフに会わなくちゃ・・』
d0069428_20293396.jpg

d0069428_20294565.jpg

d0069428_2030068.jpg
d0069428_2030923.jpg

d0069428_2034105.jpg

カザフは寝ていた。今にも起き上がっておやつをねだりそうな姿で寝ていた。
でも、いくら待っても起きてはくれなかった。

私は王国に行くと「カザフ!おはよう。いい子ね・・」
とまずカザフに声をかけるのを一日の最初の仕事にしていた。。
その第一声をかける相手がいなくなってしまった。淋しい・・辛いナ・・

マロの息子として1996年10月30日に誕生したカザフ
ノールの半年違いの弟カザフ
ブランと陽向の父親カザフ
立派な息子であり、強くて優しい弟、
また素晴らしい父親でもあったカザフありがとう・・

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
d0069428_20502823.jpg

私が撮影した最後のカザフ。2006年9月17日
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

我がままを言わせてもらえるなら私は今はまだカザフを送りたくはない。
(この記事はあとで手直しすると思います・・・)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメントを寄せてくださった皆さまへ・・・
 9月24日 日曜日 19時31分
  この感情的な日記にたくさんのコメントを頂き
  カザフを失った悲しみを皆さまと共有できましたこと
  悲しみの中にも大変にありがたく嬉しく思っております。
  今はカザフの残してくれたブランと陽向を誰からも愛される
  犬に育てることがカザフに対する一番の供養かと思います。
  これからも皆さまに見守られ時にはお力を借りながら
  2頭を育てていきたい思っておりますので
  今後ともブランと陽向をよろしくお願いいたします。。 
d0069428_2047469.jpg
 
     
by samolab4 | 2006-09-21 20:58 | 王国 | Comments(9)